頭の痛みはお医者さんに相談~ただの頭痛と侮らないで~

頭痛の悩みを解消笑顔で過ごせる毎日を取り戻す

頭の痛みは診てもらおう

メンズ

頭痛が習慣的に見られる場合は、痛みの発生状況を記録しておくのが正確な診断を得るためのコツです。頭痛を専門に扱う病院は、症状に合った薬が処方されることが多く、人気があります。専門医の的確な診断が受けられることが大きな魅力です。

View Detail

頭の痛みをなくす方法

医者

頭痛には色々なタイプがあり、対処法もそれぞれ違ってきます。原因にも人それぞれ様々なものがあるため、自分の原因が何のかを追求していくことが大切です。市販薬を乱用するのではなく、病院でしっかりと治療を受けることが大切です。

View Detail

頭が痛いとき

悩む男性

頭痛ぐらいで病院には行きにくいと考えている人は案外多いと思いますが、生活に支障が出るくらいひどい頭痛持ちの人は一度病院で見てもらった方がいいでしょう。自分でも気付かないことが原因になっているかもしれません。原因を特定して早めに治療できれば、心に余裕が持てるでしょう。

View Detail

早朝に頭が痛くなるケース

頭を抱える女性

考えられる原因

朝の目覚めというのは本来すっきりした気分で迎えるべきものです。身も心もリフレッシュされた状態で一日をスタートさせるのが理想ですが、朝から頭痛に見舞われては気持ちよく起きることができません。早朝に発生する頭痛にはいくつかの原因が考えられます。中でも警戒すべきなのは脳腫瘍のケースです。と言ってもその症例は決して多くはありません。脳腫瘍の発生頻度は1万人に1人程度と言われており、脳の病気としては患者数が多いわけではないのです。朝から頭が痛いからと言って、すぐに脳腫瘍を疑う必要はありません。頭痛にめまいや手足のしびれ、言語障害といった付随症状が見られる場合に限っては注意を要します。早朝の頭痛で考えられる原因の1つとして、モーニングサージとも呼ばれる早朝高血圧の可能性も挙げられます。高血圧そのものはほとんど無症状のケースが多く、脳や血管の病気に発展してから症状が表れるのが普通です。寝ている間に下がっていた血圧が起床時に急上昇することで頭痛が発生するとも考えられます。こうした状態が続くようだと血管にも負担がかかりますから、後述するように病院を受診して高血圧の治療を行う必要も出てきます。その他にも睡眠時無呼吸症候群や副鼻腔炎といった病気が原因でも朝の頭痛が発生しますが、頭が痛くなる原因は以上のような器質的な疾患とばかり限りません。脳の血管拡張で痛みが起きる片頭痛はその代表格です。夜寝ている間は副交感神経が優勢となるため、身体や脳はリラックスした状態にあります。片頭痛はストレスから解放された後に起こりやすく、早朝に頭が痛くなる原因の筆頭に挙げられます。長時間寝すぎると頭が痛くなるものですが、これも片頭痛の一種と考えても良いでしょう。

対処法

早朝頭痛を解決するためには、市販の鎮痛薬を飲むだけでは不十分な例が多いものです。症例は決して多くありませんが、前述の通り脳腫瘍の可能性がまったくないとは言い切れません。その可能性を除外して安心するためにも一度病院を受診して検査を受けた方がいいでしょう。脳神経外科ではCTスキャンやMRI検査によって脳の状態を精細に調べています。脳腫瘍に限らず脳の血管に異常が見つかれば早い段階で治療が開始できるので、頭痛改善に役立つばかりでなく重篤な症状を未然に防ぐことにもつながります。早朝高血圧が原因で頭が痛くなるケースでも、神経内科か脳神経外科を受診することで治療は可能です。血圧の高い状態を放置していると動脈硬化が進行して脳梗塞や心筋梗塞などの原因になります。病院では血圧を下げる薬を処方しますので、頭痛の症状が改善する上にそれらの病気を予防することもできるのです。特に病気を発症していなくても、高血圧の治療で病院を受診している人は全国に数多くいます。片頭痛もまた病院を受診することで効果の高い薬を処方してもらえます。痛みの原因となる脳の血管拡張を抑制するため、現在ではトリプタン系薬剤という特効薬が広く利用されているのです。この薬には服用の際にさまざまな注意点がありますから、医師でなければ処方できません。薬局では買えないこの特効薬をもらうために、病院を受診している人も全国に数多くいます。早朝の頭痛も以上のような方法で解決が可能です。朝起きたときに頭が痛いということが頻繁に発生するようなら、内科か神経内科・脳神経外科を受診するといいでしょう。病院ではどのようなタイプの頭痛にも対応してくれます。

Copyright© 2016 頭の痛みはお医者さんに相談~ただの頭痛と侮らないで~ All Rights Reserved.