頭の痛みはお医者さんに相談~ただの頭痛と侮らないで~

女性

頭が痛いとき

悩む男性

どのような痛みなのか

普段から頭が痛む人は頭痛持ちなどと言われ、片頭痛などが考えられますが、急激な頭の痛みには気をつけた方がいいでしょう。また、普段とは違った激しい痛みや吐き気、嘔吐などが伴う場合は特に注意が必要です。そのような症状が現れている場合はすぐに病院に連れていくことが必要です。なぜなら、脳血管疾患を起こしている可能性があるからです。くも膜下出血や脳出血など命にかかわる病気が隠れていることもあるからです。早急に病院での検査をした方がいいでしょう。このように頭痛には、侮れない怖い病気も隠れていますが、ほとんどの人は慢性的な頭痛や原因が特定できる頭痛を経験している方の方が多いと思います。風邪を引いた時の頭痛や、二日酔い、寝不足など自分自身で原因が特定できるのであれば、そんなに気にしなくとも大丈夫な場合が多いものです。また、原因がわかっているのであれば対処の方法も考えられます。しかし、これといった思い当たる原因がない場合は困ることになります。特に頭痛は、仕事や生活に支障をきたす症状なので、できるだけ早めに治したい症状ではないでしょうか。慢性的に頭が痛くなるのであれば、どんな時に、どのような時期になどなるべく詳しく状況を書き止めて、病院で相談をしてみた方がいいでしょう。自分でも痛みのでる状況を調べて把握しておくことは、その後の生活を見直し対処していくには欠かせないことだと思います。生理痛に伴って起きる頭痛の場合は、産婦人科に相談をした方がいいなどと考えることができるからです。

専門医を受診してみる

慢性的に時や場所を問わず襲ってくる頭の痛みに悩まされているようでしたら、片頭痛を疑ってみましょう。また、病院によっては頭痛外来などを設けている所もあるので調べておくことも重要です。頭痛の原因は姿勢の悪さやストレスなどの場合もあります。また、片頭痛は女性の方が男性よりも多いことがわかっています。ついつい市販薬で何とかしようと考えがちな頭痛ですが、一人で悩んだり抱え込まずに病院で診察を受けて、自分に合った治療法を探すことが大切です。自分の抱えている頭の痛みが必ずしも、市販薬で治るものではなく、他に原因がある場合根本的に治療をした方がいいからです。姿勢の悪さからくる痛みの場合は、薬よりもストレッチやマッサージなどの方が効果があることも多いのです。現代はパソコンやスマートホンなど、姿勢を悪くする要因が多いのも問題です。仕事上しかたのない事ではあるのですが、それらが原因になっている場合、肩や首そして後頭部にかけて血の巡りが悪くなり頭痛を起こしている可能性があります。筋肉が常に強張って緊張している状態が長ければ長いほど頭の痛みを引き起こし易くしてしまいます。片頭痛に至っては何が原因なのかは特定されていないのが現状です。個々人によって原因は広範囲に及ぶものなので専門医に相談した方が賢明です。痛みを引き起こすものには食品だったり、天気や気候、音などもあります。このように多岐にわたるものが原因の場合、医師と相談しながら対処していくことが症状の軽減に繋がります。

Copyright© 2016 頭の痛みはお医者さんに相談~ただの頭痛と侮らないで~ All Rights Reserved.