頭の痛みはお医者さんに相談~ただの頭痛と侮らないで~

女性

頭の痛みをなくす方法

医者

薬だけに頼らない

頭痛で病院を訪れる人は、少ない傾向にあります。それは、頭痛が起きるのはごく普通のことであり多くの人が経験する痛みであるという認識が強いからと言えます。頭痛には、偏頭痛や群発頭痛、緊張型頭痛などのタイプがあります。どのタイプの場合も、慢性的に痛みがありますが偏頭痛や群発頭痛の場合は、もともと生まれ持った体質や遺伝的な要素も強いと言われているため、あらゆる対策が必要になります。緊張型頭痛の場合は、普段の生活習慣や環境が原因であることが多いため比較的症状を改善させやすく完治させることも可能であると言えます。頭に痛みが起きる原因には、血管の拡張やアルコール、喫煙の影響など様々なものがあり、一時的に症状が出ることもあります。その為、病院は受診せずにとりあえず市販の薬で様子を見る人が多いです。しかし、数日で痛みが治まらない場合は脳に何らかの障害が起きていたり病気との関連もある場合があります。1日や2日で治らない場合は、病院を受診して詳しく診てもらうことが大切です。治療には、主に薬物療法や生活習慣の改善、食生活の指導などがあります。痛みを和らげるために薬を使うことも効果的ですが、あまり使い過ぎても逆に薬物乱用頭痛として痛みが起きることがあります。薬だけに頼らずに、生活習慣や食生活など全てを改善していくことが痛みの根本的な対策になると言えます。その為にも、痛みが続くようであれば病院は神経内科や脳神経外科を受診して検査してもらうことが望ましいと言えます。

症状に合わせた対処法

頭痛は、症状に合わせた対処法が必要になります。偏頭痛の場合は、脈打つようにズキズキと痛みが出たり頭全体が割れるようにガンガン響くような痛みが出ることがあります。体を動かすと痛みは余計増すので、安静にして静かで涼しいところで休むのが良いと言われています。一方、群発頭痛の場合や緊張型頭痛の場合は、体を動かすほうが痛みが紛れたり症状が和らぐことがあります。それぞれのタイプに合わせて対処法を取っていくことが大切になります。必ず毎日痛みが起きるという人は少なく、多くの場合は一定の周期に合わせて痛みが出たり一時的に痛みが出ます。痛みがあまり強いと仕事が出来なくなったり、日常生活に支障が出ることも少なくありません。痛みとうまく付き合いながら、症状を改善させていくには自身の習慣や環境を見直して向上させていくことが何より大事になります。痛みが出る時の状況を日記につけることも有効な治療法であると言えます。どんな時に痛みが出て、どんな時に治まるのか痛みの傾向を把握できるようにすることも治療に役立ちます。はっきりとした原因がわかれば、あとはその原因を出来る限り取り除いていくことで痛みを感じることも少なくなりより過ごしやすくなると考えられています。頭痛の発症原因は、人それぞれ違うため自分の場合の痛みの原因を追求していくことが大事であると言えます。市販薬は一時的な痛みがある時にだけ使い、何日も続けて服用したり頻繁に服用しないように気を付けて病院での治療を受けることが望ましいです。

Copyright© 2016 頭の痛みはお医者さんに相談~ただの頭痛と侮らないで~ All Rights Reserved.